飲食店ノウハウ

和食店のバイトはきつい?仕事内容やメリット・デメリットを紹介

日本の歴史の中で、古来より途絶えることなく受け継がれ、引き継がれてきた伝統の和食。それは日本人の誇りでもあり、日本人の心のよりどころの一つでもあります。そして、今後どれほどグローバル化が進行し、異文化との交流や融合が広がったとしても、この伝統だけは消滅することはないでしょうし、絶対に消滅させてはならないものです。そういった国際化の波の中でもしっかりとその伝統を守り続ける和食のお店では、世界に例のない独特の料理を楽しむため多くのお客様が訪れています。洋風でも中華風でもない、和風特有の威厳を備えた格式高いお店で働いてみたいということで、バイトを希望する人も多いと思われます。そこで今回は、和食店でのバイトについて、その仕事内容やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

和食店バイトの主な仕事内容とは

和食店における仕事の部署としては基本的に、お客様と接するホールスタッフと調理などを担当するキッチンスタッフとに分けられます。

和食店ホール

まず、ホールでの仕事について確認します。

接客

和食のお店には日本の伝統と格式を重んじるところが多いと思われます。そのため接客の仕事も日本式の礼儀が基本となります。ホールでは常にそれに基づいて、入店されたお客様に丁寧なごあいさつをし、座席や個室へご案内し、料理を運び、会計をしてお見送りのご挨拶をするまで、お客様と接する仕事をします。和食のお店の「顔」であり「看板」であることを意識し、気を抜くことなく、誠意と礼儀正しさを持ち続けていなければなりません。

和食店キッチン

次はキッチンでの仕事について確認します。

調理

キッチンでの最重要な仕事は調理です。伝統と格式ある和風料理を提供するわけですから、かなりの熟練が必要です。ですからバイトに入って最初から本格的な調理を任されることは少ないでしょうが、少しづつ習得していくことを求められるかもしれません。基本的には調理の補助となる材料の仕込みなどを任されることになるでしょう。スムーズな調理の妨げにならないような作業が求められます。

片付け

食器や鍋・皿などの洗浄・片付けはキッチンでのバイトの重要な仕事です。キッチン未経験でも要領を理解すればやりやすい仕事なので、バイトにもどんどん任されることになります。だからと言って手抜きは許されません。次に使うお客様のことを考えて、心をこめてきれいに洗って拭きあげなければいけません。さらに忙しいときの店内の状況を理解して、てきぱきと作業を進める判断力も必要です。

学生にとってきつい?和食店のバイトのメリットデメリットとは?

和食店で働く時のメリット・デメリットについて確認してみます。

和食店バイトのメリット

まず和食店でバイトをすることのメリットとはどういことなのでしょうか。

マナーが身につく

礼儀を重んじる伝統の国日本の料理を提供するお店ですから、当然日本式のマナーが重要視されます。握手やハグなどによるヨーロッパ風の挨拶や礼儀がグローバルなものとして日本でも広がりつつある中で、相手を尊重し、自分には謙譲を強いて、相手とは一定の距離を置く日本式の礼儀がしっかりと採用されている和食店で、日本式マナーの本質を体験し身に付けることができます。

まかないのレベルが高い

飲食店の仕事では、忙しい時間帯が過ぎた後の時間帯にまかないが提供されます。どの店もお客様に食べていただくレベルの料理を、無料や低価格で食べられるということでたいへん嬉しい福利厚生です。目が回るほどの忙しさが過ぎ去った後だけにその喜びもひとしおです。それが和食店となれば、その日使いきれなかったお刺身などの高級食材をまかないで食べられる日もあります。日頃はなかなか味わえない料理を口にできるので、バイトの醍醐味ここにありと言ってもよいのではないでしょうか。

人間関係の構築ができる

仕事仲間のホールスタッフやキッチンスタッフと固いチームワークで結束して仕事に当たりますので、有意義な人間関係が出来上がっていきます。さらに和食店ともなればはお客様に対して誠意を持って接しているうちに、つながりが芽生え、将来につながる大切な人脈を形成することも十分あり得ます。

和食店バイトのデメリット

では和食店でのバイトのデメリットとはどんなものでしょうか。

身だしなみやマナーへの厳しさ

服装・髪など身だしなみが厳しく規制される可能性はあります。箸(はし)の使い方もちゃんとしたものかチェックされることもあります。お客様の信頼を得るためには格式を重んじる姿勢は大事になります。

和食店の繁忙期

和食店の場合は、一日の中では昼食時や夕食時、一年の中ではお盆期間や年末年始や1月から3月にかけての行事が多いシーズンが忙しくなる店が多いようです。特に忙しい時は息をつく暇もないほどで、慣れない人にとってはかなりの苦痛を伴う体験となることでしょう。しかし、お店の繁栄のためには決して避けることはできません。その危機を、個々の的確な状況判断とスタッフ間の強力なチームワークで乗り切っていくことが大切になってくるのです。

学生が和食店でバイトすることで一流の仕事を学ぶことができる!

日本の伝統と格式を今に引き継ぐ和食店。現代日本人には触れる機会が少なくなった誇りと威厳を維持しつつ、和食の魅力をお客様に提供しているお店でバイトをするという経験は、その後の長い人生にとっての大切な財産となることでしょう。ぜひチャレンジしてみてください。

-飲食店ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.