就活ノウハウ

焼肉屋のバイトに合格しやすい志望動機の書き方は?面接での注意も紹介

世の中には肉好きな人は圧倒的に多く、焼肉店によく行く人、焼肉ファンと言える人は相当な数に上るものと思われます。そうした中で、焼肉店でバイトをしてみたいという人も結構いるようです。中には志望動機の筆頭に「肉が好き」を挙げる人もいるくらいです。そういったことも含めて、焼肉バイト採用合格に向けた志望動機の作成や、面接での注意点などについて解説していきます。

焼肉店の志望動機の作成のポイント

焼肉店でのバイトを申し込むとしたら、志望動機にどう言うことを書いたらよいのでしょうか。その第一歩としてまずは、「志望動機」「志望理由」に当たるものを、頭の中にいくつか思い浮かべて書き並べてみましょう。たとえば「肉が好き」「焼肉店で働きたい」「接客の仕事が好き」といったことなどが出てきたとします。これらは、履歴書用の志望動機を作成していく中で大事な材料になります。ただ、このままでは不十分で、採用担当者の心には響かない可能性もあります。そこで、さらに別の要素を追加して、内容をレベルアップしてみましょう。

仕事への意欲・興味

たとえば、「肉が好き」「焼肉店で働きたい」といった気持ちは、焼き肉店バイトの動機としてはとても重要なものですが、このままだと他の多くの「肉好き」応募者の中に紛れてしまって、目立たなくなる可能性もあります。そこで、「私はもともと、毎日食べても飽きないほどの肉好きで、貴店にも何度か訪れさせていただきました。その時に本当においしい焼肉を堪能させていただいて、心から満足することができました。そして、その後、自分もできれば貴店でアルバイトスタッフとして働かせていただいて、お客様にあの満足感を提供する側に回ってみたいという気持ちを抱くようになりました。そんなとき、貴店のアルバイト募集のお知らせを拝見しまして、早速応募させていただいた次第です。」というように、自分の個人的な気持ちを、焼肉店バイトに対する意欲に満ちた積極的な文章表現へと進化させることで、他の「肉好き」応募者の一団より一歩から数歩前に出るくらいの、魅力的な志望動機が完成するのです。

接客業への意欲

焼肉店バイトの志望動機ではありますが、「肉好き」以外の内容も作成することをおすすめします。たとえば「接客の仕事が好き」という志望動機も焼肉店バイト採用の際の大事な要素です。しかしやはりこのままだと、多くの「接客好き」応募者の中に隠れて目立たなくなる可能性があります。そこで「私はもともと、お客様を相手にする仕事も好きで、アルバイトでもそんな仕事がしてみたいと思っていました。そして、貴店に何度か伺わせていただいた際に、スタッフの方の明るくさわやかな表情や態度・言葉遣いにも感銘を受けました。できたら自分もこのチームワークの中に加えていただいて、お客様に満足していただく仕事の達成感をともに味わいたいと思うようになりました。」というように、「接客好き」という大事ですが埋没しやすい動機を、焼肉バイトの現場での大きな戦力になる意欲へと結びつけた志望動機は、群を抜く魅力を発揮しそうです。さらに、上記のように「チームワーク」というキーワードも含まれるとさらに強力になります。

面接でのポイント

志望動機以外の注意点も確認しておきましょう。

服装・態度のポイント

アルバイトの採用面接ですから、スーツは必要ない場合がほとんどだです。私服での面接という場合が多いようですが、違和感や不信感を持たれないような身だしなみをするようにしましょう。

シフト・経歴についてのポイント

金曜日の夜から土・日・祝祭日など繁忙日・繁忙時に出勤できるということは、店側にとって大きな戦力となるということですから、可能な場合は履歴書にも明記し、面接でもはっきりと答えることをおすすめします。また、過去に同業でのバイト経歴があれば、戦力としての評価につながりますので、明らかにしてください。ただ、その場合は前職を辞めた理由を聞かれることが多いようです。それに対しては「仕事がきつかった」とか「人間関係が悪くなった」といった不利な理由はマイナスです。「学業や部活を優先せざるを得ない時期だったから」といった必然的な理由が必要です。

ホールかキッチンかの注意点

店によっては、お客様対応のホールスタッフと、調理担当のキッチンスタッフの募集をする場合もあります。適性を考えた希望をまとめておいてください。場合によっては店側からの指示となることもあります。

志望動機でバイトのやる気を示そう!

「焼肉が好き」という人は、それだけで焼肉店バイトとしての要素の一つは持っていることになります。しかし、それだけでは多数の応募者の中に埋もれてしまいます。「焼肉」を愛する気持ちが、「焼肉店で働くことや、焼肉を通じてお客様に満足をお届けすること」を愛する気持ちにつながっているのだと、力強く高らかに宣言するような志望動機を作成することが大切です。そして、その作業は、面接で改めて志望動機を尋ねられた時にも大きく役立つのです。

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.