就活ノウハウ

仕事で評価されない理由を徹底解説。高く評価されるためには?

2019年11月29日

同時期に入社したのに、数年経つと評価される人とされない人に差が出てきます。同じように仕事に取り組んでいるのに、なぜこのような差が出るのでしょうか。日頃から頑張っている人ほど、実力以上に高く評価されている人を見ると不公平に感じるでしょう。 そこでここでは、仕事で評価されない人の特徴を紹介します。また仕事で高く評価される方法も例を挙げて詳しく解説しますので、普段から評価されていないと感じる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

仕事で評価されない人の特徴とは?

仕事で評価されない人には、共通の特徴があります。どうして評価されないのか理由がわかれば、改善することができますよね。以下に3つの例を挙げ説明しますので、心当たりがないかどうかを考え、できるところから改善してみてください。

 

実力がなくて評価されない

そもそも、実力不足、能力不足の場合は、評価が低くても致し方ありません。仕事を始めたばかりの頃は、上司や店長、また同僚からも叱られることが度々あるでしょう。しかし、時間が経つにつれ少しずつ仕事に慣れてくれば、できることも増え評価も上がっていきます。評価が高い人は、叱られてもポジティブに捉え、できるようになりたいと努力していく人です。反対に、いつまでも仕事ができないと評価の低い人は、叱られて「どうせ、私なんて…」と思い、同じような仕事しかしない人です。このような人はいつまでも実力がつかないので、評価は低いまま止まります。

 

言われた仕事しかできない

仕事で評価されない人は、言われたことしかできない人です。目の前の仕事ばかりに集中し、周りが見えていない人もこのタイプといえます。仕事では、言われたこと以上のことができなければ、高く評価されません。周りの期待以上の仕事ができてはじめて、高く評価されます。 上司や店長に何か仕事を頼まれたときは、その背景を考え、どのような形がゴールなのか見当をつけ仕事を進めます。仕事で評価が低い人は、仕事の流れや最終的なゴールの形が把握できず、自分の仕事だけに集中する人といえるでしょう。

 

コミュニケーション能力が低い

仕事で評価されない人は、コミュニケーション能力が低い人が多いようです。このような人は、わからない時やつまずいた時に、店長や同僚に相談せず自分勝手に仕事を進めてしまいます。仕事をする上で何よりも大事なことは、ほうれんそう(報告、連絡、相談)です。わからない時は恥ずかしがらずに、周りの人に聞くことが大切。普段から周りの人たちとコミュニケーションが密に取れていれば、相談できないということは起こらないでしょう。

 

仕事で高く評価されるためには?

ここでは、仕事で高く評価されるためには、どのようにすればいいのかを説明します。今のところ評価が低くても、努力次第で高く評価されるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

仕事のパフォーマンスを高める

仕事で評価されるために、パフォーマンスを高めることは欠かせません。遅刻や無断欠勤などは言語道断で、早くから出勤し仕事への集中力を高めた方がいいでしょう。就業時間は仕事に専念し、効率よく働きます。決められた勤務時間より長く働くことが必要なのではなく、決められた時間の中でどれぐらいのパフォーマンスが引き出せるかが大切です。仕事で高評価の人ほど早く仕事を済ませ、プライベートでの時間も大切にします。このような人たちは、パフォーマンスを上げるために、ゆっくり身体を休めることが必要だと理解しているのです。

 

常に学び続ける姿勢を持つ

仕事で高く評価されるためには、学び続ける姿勢がとても大切です。例えば、レストランで働いていれば、新メニューが出る度に料理方法からサービスの仕方、お客様への案内まで対応が変わります。このように、どのような職種や職場であろうと新しい商品が常に世の中に出てくるため、学び続けることは必要不可欠といえます。仕事で高く評価される人は、このような場合でも自分なりにリサーチし、少しずつ知識を蓄えていきます。 さらに、自分のポジションが変われば求められる役割も変わります。仕事で評価される人は昇進も早いので、新しい仕事を学び続けなければなりません。

 

特別なスキルを身につける

仕事で高く評価されるために、特別なスキルを身につけることは非常に有効な方法です。もし英語が堪能であれば、海外のお客様にも丁寧な接客が可能です。特別なスキルを身につけると希少価値が高まり、自ずと評価は高まります。 コンピューターが得意であれば、見やすいスタッフの出勤表を作成してみる、絵が上手であればちょっとした手作りカードをお客様に差し上げるなど、自分の得意分野でスキルを発揮してみましょう。

 

良好な人間関係を築く

仕事で高く評価されるためには、周りのスタッフや同僚との良好な人間関係が欠かせません。どれほど仕事ができても、周囲が敵だらけでは高く評価されることはないでしょう。良好な人間関係が築けていれば、問題が生じたときにも周りの人が助けてくれ、大きな問題にならずに済みます。何より人間関係が良ければ働くことが楽しく、自然とパフォーマンスも高まります。

 

会社の方針を理解しプラスαの仕事ができる

自分の働いている会社が、どのような方針なのか理解することはとても大切です。店舗であれば、地域に根ざしたお店を目指しているのか、多店舗展開を目指しているのかで仕事のやり方は変わります。例えば、地域に根ざしたお店を目指しているのであれば、ご近所へチラシをポスティングし来店してもらうなどマーケティングのやり方から異なります。仕事で評価される人は、しっかりと会社の方針に沿った仕事をし、さらにプラスαまで考えて行動している場合が多いです。

 

楽しんで仕事をする

仕事をする上で一番大切なことは、楽しむことです。どれほど仕事ができる人であっても、失敗はつきもの。ミスしたり間違ったりしても「いい経験になった」とポジティブに捉え、気持ちを切り替えましょう。 レストランや店舗では、スタッフが楽しそうに働いている姿はとても気持ちのいいものです。仕事ができる人は、忙しくても笑顔を絶やさずに仕事をします。このような人は、一緒に働くスタッフだけでなく、お客様からも一目置かれるでしょう。

 

仕事で評価されない理由は会社にある?

自分ができることを努力しても、会社側に問題があり評価されない場合もあります。ここでは、評価が上がらない原因が会社側にある場合をいくつか説明します。自分が働いている会社や店舗は、スタッフをしっかりと評価してくれているかどうか、確認してみましょう。

 

人件費が足りない

仕事での評価は、給料や昇進という形で表れます。能力がありパフォーマンスも高い社員の給料が上がらないのは、そもそも会社側が評価するつもりがないのかもしれません。また、会社や店舗の売上が実際少なければ、どれだけ頑張っても昇給は望めないでしょう。やりがいがあれば、給料はそれほど重要ではないと考える人もいるかもしれませが、養う家族がいれば給料は大きなモチベーションにつながります。自分の評価に対して給料が見合っていなければ、転職もひとつの選択です。

 

社員のモチベーションが低い

働いている会社や店舗での社員のモチベーションの低さも、評価が上がらない原因のひとつかもしれません。しっかりとした会社であれば、社員のみんなが活気にあふれ、全体的にモチベーションは高くなります。社員のモチベーションの低さは、評価がしっかりとなされていないことが理由かもしれません。頑張っても評価されなければ、モチベーションが低くなるのは当然といえます。

 

部署間で対立がある

適切な評価がなされない理由として、部署間の対立が挙げられます。例えば、規模の大きいレストランであれば、キッチンとホールと仕事内容は異なり働くスタッフもそれぞれ異なります。お客様と接するホールスタッフと、料理のみをするキッチンスタッフでは、場合によっては対立が生じることも。このような職場では、お互いに足を引っ張り合い、結果としてどちらの評価も低くなります。

 

実力はあるのに正当に評価されない?

仕事はできるのに、評価されない人もいます。人を評価するのも人ですので、仕事以外の部分が評価に影響することも多々あるでしょう。ここでは、どのようなことが評価に影響するのか説明します。

 

アピール力が足りなくて評価されない

仕事の能力はそれほどでもないのに、上司や店長にとても可愛がられ高く評価される人もいるでしょう。愛嬌があったりユーモアがあるなど、人間的な魅力は評価に影響しやすいといえます。評価する側の人と仲良くしていれば、さり気なく自分の仕事ぶりをアピールすることも可能です。仕事ができてもあまりにも真面目で融通が利かないと、周りから敬遠されてしまいます。目に余るほどのアピール力は嫌われてしまいますが、自分の実力を見てもらうことも大事な能力のひとつです。

 

周りの人間関係に馴染めず評価されない

場合によっては実力がありすぎて、周りから浮いてしまい評価されない人もいます。人間関係も評価には大きく影響しますので、普段からできるだけ上司や同僚など一緒に働く人たちとコミュニケーションを図りましょう。周りのみんなから「あの人は仕事ができるよね」と認識されれば、評価は自然と上がっていくでしょう。

 

まとめ

人を評価する基準は、時代や評価する側の価値観によって常に変化します。どのような人材が社会から求められているのか考えれば、評価の基準もわかるのではないでしょうか。その上で自分の強みを活かし、周りにアピールしていきましょう。もちろん、どの時代であっても真摯な態度で仕事に臨むことは不可欠です。真面目に仕事に取り組み、同僚やスタッフと仲良くし楽しんで仕事ができれば、自然と評価は高くなっていくでしょう。 仕事で評価されないと悩んでいる人は、この記事を参考にどこに原因があるのか考え、自分の働き方を見直してみてくださいね。

 

-就活ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.