就活ノウハウ

アルバイトでも安定した生活をおくるために大事なこととは?

2019年11月29日

アルバイト生活をしていて、アルバイトで生活し続けていくことが可能なのかと不安を感じることがあります。アルバイトで生活を続けていくためには、しっかりとお金の管理を行う必要があります。アルバイトの給与だけで生活していくための方法や工夫、収入を増やすための方法などをご紹介していきます。

料金計算をしてお金の状況を把握しておくと良い?

アルバイトで生活していくためには、自分が使用する料金計算をしっかりとすることが必要です。必ず支払わなければいけない料金などを計算し、お金の状況をしっかりと把握し管理するようにしましょう。

節約した時の生活費を計算する

節約したときの生活費を計算しましょう。
最低限必要な支払いなどの額を計算します。家賃、電気、水道、ガス代、食費、ネット、スマホ代、その他服や交通費や交遊費などです。平均10万円から13万円ほどになるでしょう。大きな買い物や友人との外食が多い月などは15万円ほどとなってしまいます。

アルバイトの給料を計算する

アルバイトの給料を計算します。時給で週に何日仕事をして、月にいくら稼ぐことができるかを計算しましょう。このとき、生活費の支払いをする金額は最低限稼がなければいけないため、シフトに入るのが週何日、一日何時間になるかというビジョンも描くことができます。

余ったお金は自分の好きなように出来る

生活に必要な最低限のお金とアルバイトの給料を計算し、アルバイトの給料から必要なお金をマイナスし、余ったお金は自分が好きなように使用することができます。美味しい物を食べる、欲しい服を買う、趣味に使う、将来のために貯金するなどとすきなように使用することができますね。

お金を損しないための生活費の節約方法とは?

アルバイトの給料はしっかりと管理しなければすぐになくなってしまいます。ギリギリの給料の生活だからこそ、お金を無駄にして損しないために、節約しましょう。

家賃が安い所を選ぶ

アルバイトの給料で支払い終われ、ギリギリで生活できている状態を変えたいという場合は、家賃が安い所を選ぶといいです。エリアや駅近くの家賃は高くなる傾向があるため、すこし不便でも快適に過ごすことができ、家賃が安いところを選ぶとよいです。また、更に家賃を抑えたいという場合は、ルームシェアを募集している賃貸や、共同キッチンや共同お風呂などの賃貸を選ぶことで、かなり家賃による出費を抑えることができます。

生活する上で節約出来るものは沢山ある

生活する上で節約できるものは意外とたくさんあります。こまめに意識することで、必要となる固定費を削減し、好きなことに使えるお金を増やしたり、貯金をすることができます。冷蔵庫は開けたらすぐに閉める。シャンプーの量を輪ゴムで調節する。蛇口からの水を無駄にしない。食材を無駄にしない用に購入する。など無駄を出さないように意識するだけで、かなりの節約となり自由に使えるお金が増えます。
また、一番大きく節約できるのは、やはり食費です。水やガスや電気などは塵も積もれば山となるという気持ちで節約することができますが、食費は大幅に節約できます。閉店前の値下げ商品を狙う、外食やコンビニ弁当ではなく、自炊を心がけたりすると、かなり節約できますよ。

高時給のアルバイトの種類とは?

高時給のアルバイトをすることで、豊かな生活ができるくらい稼ぐことができます。高時給のアルバイトとしては、資材運搬、イベントスタッフ、リサーチスタッフ、などが挙げられます。コンビニやスーパーなどのアルバイトだと、時給は高くても1,000円ほどで、一日に5,000円から10,000円ほどであることがほとんどですが、高時給のアルバイトであれば、一日20,000円近く稼ぐことができます。

夜営業しているお店が多い

高時給のアルバイトとしては、夜に営業しているお店は高い傾向があります。居酒屋や24時間営業の飲食店、お酒を提供するお店などは時給が高く、更に深夜手当や早朝手当がつき、より多く稼ぐことができます。接客業のイメージが強いものの、ホールではなく調理を行うキッチンで働くことも可能です。深夜のカラオケ店や漫画喫茶、ネットカフェ、レンタルビデオショップなども時給が高い傾向があります。

メジャーなアルバイトで高時給を貰う

メジャーなバイトで高時給をもらうことができる仕事としては、コールセンターやデータ入力の仕事があげられます。時給も高い傾向があり、制服や髪型も自由であるということが多いです。また、日中にメジャーなアルバイトをして、掛け持ちで工場などでの軽作業のアルバイトを行うことで、収入を増やすことができます。短時間で募集していることも多いため、掛け持ちに向いています。

アルバイトでも生活していくことは可能です。最低でも10万円から15万円ほど稼ぐことができていれば生活はしていけます。ただし、しっかりとお金の管理を行い、節約をするからこそ生活ができるのであり、何不自由なく、なにも気にせず、少し良い生活をしたいという場合は、時給が高いアルバイトを選ぶ、あるいは転職することをおすすめします。アルバイトでも生活はできますが、自分だけのことを考えていれば可能です。恋人や家族を…と思っているのであれば厳しいでしょう。将来のための貯金、万が一の場合の貯金も必要です。高収入のアルバイトで自由に使えるお金を増やすことをおすすめします。

-就活ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.