就活ノウハウ

カフェのバイトに採用される履歴書とは?自己PRや応募動機の書き方について

2019年6月4日

人と車が行きかう喧騒の中で、ほっと一息つける憩いのスポット「カフェ」は、希望のアルバイト先として人気が高い場所でもあります。採用する側も、その落ち着いた穏やかな空間での勤務にふさわしい人材を求めます。憧れのカフェバイト採用を勝ち取れるような履歴書の書き方の重要ポイントを確認していきましょう。

カフェバイトにあった履歴書の書き方

アルバイト先として人気が高いカフェでのバイト採用の可能性を高めるには、合格までの道のりの重要な第一歩として、採用側が納得し、期待するような履歴書を作成する必要があります。

志望動機の記載ポイント

まずは、志望動機から考えていきましょう。当然、虚偽の内容や不要な美化・装飾は許されません。また、ネットからのコピペなど卑怯な手段は除外しなければなりません。でもそうなると、自分の現状を考えた場合、人に誇れるような志望動機は思い浮かばず、採用側に注目されるような文章作成は不可能だと思ってしまいそうですね。待ってください。大丈夫です。

とりあえず、自分の本音と、面接の場を想定しての建て前のどちらからでもよいので、カフェでバイトをする志望動機の候補になりそうなことを挙げてみてください。「お金をかせぎたいから」「家に近いから」「店の雰囲気がよいから」「接客の仕事が向いてそうだから」といった候補が出てくるのではないでしょうか。こんなの並べ立てても大した武器にはならないと思っていませんか。大丈夫です。

まず「お金を稼ぎたいから」という動機ですが、もちろんこれをそのまま履歴書に書いても奇異な人物と取られかねません。しかし例えば「親に負担をかけずに学費・授業料を確保するため」とか「年に数回必要になるスポーツの遠征費用を補うため」とか「住宅ローンの返済に充てるため」といった真面目な生活の側面を文章にして合体させると、長期にわたって真面目に働いてくれそうな人材という評価がでてくるのです。

「家に近いから」という動機もこれだけを切り取ってみれば、やる気の感じられない言葉になりますが、「仕事に入る時間はきちんと守れます」とか「急なシフト変更にもある程度対応できます」といった文とつなげると、即戦力としての評価へ一変しそうです。

「店の雰囲気がよいから」という動機も、場合によっては単なるお世辞と見られる可能性もありますが、「何回か客としてきたときにお店の方の笑顔や態度・言葉遣いにとても満足させていただいた」などと心からの賛美と憧れを吐露することで、仕事への意欲・情熱を感じてもらえる出来栄えになってきます。

「接客の仕事が向いていそうだから」という動機も、これだけでは軽々しイメージを持たれそうですが、「もともと他人とコミュニケーションをとることがわりと得意な性格なので、笑顔でお客様と接する仕事をしてみたいと思っていました」といった文と合体させると、カフェバイトにふさわしい人材との評価が出てきそうです。

とにかく自分の心に浮かんだ志望動機を、採用担当者に理解してもらえるような文章にしてまとめていくことが大事なのです。

自己PRの記載ポイント

自分のアピールポイントを紹介する欄ですが、だからと言って自分中心の観点では意味がありません。カフェバイトの採用担当者が期待するようなポイントを察して、自己表現に結びつける必要があります。採用側がカフェで働く人材にまず求めたいのは、接客態度・表情ということになります。お客様と明るい笑顔で接することができるポイントをPRできれば、採用に向けての強力な後押しとなることでしょう。

さらに見た目の清潔感も重要視されます。といっても、特に厳しく規定するような事柄でもありません。服装・髪・装飾品・爪など、カフェで働くうえで当然と思われる程度の清潔感をキープできることは大事なポイントになります。そういった清潔感に留意していることもPRしましょう。

職歴の記載ポイント

過去にカフェなど接客を必要とする職の経験があれば、即戦力としての期待から採用の可能性が高まるでしょう。ただ、以前の職をやめた理由を聞かれる可能性は高いです。その際に「まわりの人との人間関係がうまくいかなかった」とか「仕事がきつかった」という理由はマイナスポイントになりかねません。「学校や家庭の事情で継続が不可能になった」といったやむを得ない事情があったことははっきり答えた方がよいでしょう。

履歴書における写真の注意事項

当然写真は必要です。たまに写真なしの履歴書を出す人もいるそうですが、採用選考以前の段階でアウトです。撮り方は免許証などの証明写真の撮り方を参考にしてください。プリクラやスナップ写真のような「遊び」的な写真は不可です。また、アルバイト採用のための写真ですから私服であっても、勤務を想定して、派手なものは避けるべきです。

バイト面接時「履歴書不要」の対応策

履歴書不要の指示があった場合は、基本的に履歴書を持参しなくてもそのために不合格とはなりません。ただ、面接会場で、履歴書に近い内容の書類を書かされることもあります。その際は履歴書を持参していると、それを手本にしながら書けますので、記入が楽になります。また、不要と言われたのにもかかわらず、持参したことでそれを意欲の強さと見てもらえる可能性もあります。しかし、不要との連絡を見過ごしていたと取られるのは避けるべきですので、不要と言われた場で履歴書を出す場合は「不要とはお聞きしていましたが、念のために持参しました」とひとこと説明を入れた方が安心でしょう。

理想的な履歴書でカフェバイト採用へ

憧れのカフェバイト採用を勝ち取るために書く履歴書で、自分をうまくアピールするためには、決して自分中心の考え方では通用しません。まずは、採用する側が求めている人材の姿を理解することが大事です。そして「私は必要とされるその人材となることを目指すんだ」という意気込みと現実的な可能性を一枚の用紙の上で展開することが大事なのです。どうか、自分で列挙した志望動機候補群に採用側から納得してもらえそうな状況説明の文章を合体させて、カフェバイトに望まれる人材像を履歴書の中に作り上げてみてください。

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.