就活ノウハウ

焼肉店のバイト面接では質問の受け答えが大事!当日の服装などポイントを解説

世の中、焼肉好き・焼肉ファンがどれだけ多いことか、焼肉人気にはとどまることを知らない勢いが感じられます。豪快に焼肉をほおばりながら、冷えたビールをぐいっと飲む、あの快感を味わいたいから、日々仕事に励んでいるとまで豪語する人もいるくらいです。そういった熱いファンが集う焼肉店でバイトをしたいという人も多いことでしょう。バイト希望者が殺到する人気焼き肉店での採用合格を目指すなら、面接対策も心してかからなければなりません。そこで、今回は焼肉バイト面接での注意点や重要ポイントをしっかりとご紹介していきます。

焼肉店バイトの面接での注意点

まずは、焼肉店バイトの面接を受けるにあたっての基本的な注意点から確認しておきます。

面接の身だしなみ

正社員の採用面接ではありませんから、リクルートスーツ着用の必要はありません。私服での面接OKの場合がほとんどですが、必須事項として清潔感は忘れてはいけません。それから、お客様に違和感・嫌悪感を与えかねないような、華美で派手な身だしなみ、あるいはだらしない格好も面接室入室の時点でアウトでしょう。ジーンズはほぼOKと考えてよいのですが、ボロボロのダメージタイプは避けた方がよいでしょう。髪や装飾品も、清潔感第一のイメージにまとめることが大事です。当然、派手な髪の色や目立ちすぎる装飾品などは避けるべきです。特にピアスは基本的には不可と思っておくべきです。

面接での表情・態度・言葉遣い</h33
焼肉に限らず、お客様を相手にするすべての職務に言えることですが、明るい表情、礼儀正しい態度、丁寧な言葉遣い、相手の目を見て誠意ある会話ができるのか、さらにはスタッフ間の円満なチームワークに参加できるのかといったことは、採用担当者の重要な関心事と言ってよいでしょう。

焼肉店のバイト面接で何を聞かれるか

いよいよ、実際の面接で必ずと言ってよいほど質問される事柄に関して確認していきます。

質問例「この店でバイトしたい理由は何ですか」

まず、自分の志望動機を考えてみてください。「この焼肉店が好きだから」とか「お金を稼ぎたいから」といった気持ちが浮かんでくることでしょう。ただ、これらを面接でそのままズバリ答えてもなかなか採用には至りません。すべてを焼肉バイトで働くことにつなげるような表現に作り変えなければなりません。たとえば「何度かこのお店に来て焼肉をいただいた時、とてもおいしくて感動しました。また、お店全体の雰囲気も明るくて楽しそうでした。それ以来、今度は自分がこのお店で働いて、お客様に喜んでいただく側に回りたいなと思うようになりました」とか「学校の授業料の分を自分で稼いで、親への負担を減らしたいと思っています」という風にすると、焼肉バイトに意欲と情熱を持っているとか、真面目な勤務につながる背景があると見てもらえるような志望動機に早変わりするのです。

質問例「金・土・日・祝祭日のシフトはどうですか」

金曜日の夜・土・日・祝日など焼肉店が最も忙しくなる時にシフト対応できるようであれば、それは大きな戦力として期待をかけられることでしょう。もし、その対応が可能な場合は、そのことをきちんと伝えると、採用の可能性は大きくアップすることになります。

質問例「これまでにバイトの経験はありますか?」

過去に、アルバイトで頑張った経験があれば、それが焼肉バイトでの戦力につながる可能性がありますから、明らかにするとよいでしょう。ただし、「◯◯をやったことがあります」だけでは、焼肉バイト人材としての評価にはつながらないこともありますので、「◯◯のアルバイトで学んだチームワークの大切さや、お客様への誠意などの有意義な体験を、このお店でも生かしていくつもりです」といった感じで、焼肉バイトにつながるという確信をしっかりと説明していくことが大事です。

その他の質問例

ところで、過去のアルバイト経験を説明した後には、そのアルバイトを辞めた理由を聞かれることが多いようです。店側としては「人間関係が悪くて」あるいは「仕事がきつくて」やめた人であれば、不適格との判断を下さざるを得ないので、その確認を行うのです。ここは、「家庭や学校・部活動・サークルなどやむを得ない事情で辞めた」というような納得しやすい理由を正直に述べるべきです。

また、後のトラブルを避けるためにも、家庭や学校の事情で勤務に都合が悪い日があれば、その日の勤務は外してもらうように、希望としてはっきり伝えておいたほうがよいでしょう。

焼肉店バイトの面接合格の重要ポイントを確認しよう!

焼肉店バイトで面接合格を目指すにあたっては、やはり、焼肉への愛着、その店で働きたいという意欲と情熱が必要です。ただ、それだけではまだ不完全です。その気持ちが、焼肉店の採用担当者に伝わり、アルバイトとして勤務するのにふさわしい人材だと認められる必要があります。そのためには、上で紹介したように、自分の志望動機を、焼肉店での勤務につながるような、理解を得られる志望動機へと仕上げていくことが大事です。そして、その作業の経験は、面接で終わりではなく、実際に焼肉店バイトを始めてからも生きてくる、有意義な経験となるはずです。

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.