飲食店ノウハウ

飲食店の店長でも給料1000万が可能!?仕事内容や現状について

飲食業といわれると、しんどそう、時代に合ってない、儲からない、こういったお声を聞くケースが多いのではないでしょうか? 時代とともに変わる飲食店の実態、特に店舗をまとめる店長の働き方に今回はフォーカスしてみたいと思います。

飲食店店長の仕事内容

飲食店と言われれば真っ先に思いつくのが、ホールやキッチンといった仕事ではないでしょうか?店舗によっては店長業務と兼業しているケースも多いかと思います。お客様の満足度を高める上で、接客・食事提供の根幹となる仕事です。未経験者でも働きやすいという点で、大学生や主婦などにもエントリーしやすい職場が多くみられます。確かに初めのうちは仕事を覚える事が大変かもしれないですが、着実にこなしていくうちに自然とスピードも上がり、いずれは店長に抜擢されるケースもあるそうです。店長に昇進すればマネジメント部分にまで仕事の範囲が広がります。

飲食店で働く人が感じる問題点

ここでは飲食店で働くときに、立場や労働形態に関わらず起こっている問題を見ていきましょう。

体力面

飲食店業界の過酷な一面としてあげられるのが「体力」問題です。というのも、お客様に合わせて仕事をする必要が高いため、自分のペースで仕事を進められず、食事のピーク時には他業務まで兼務することも多く、心身ともに疲弊してしまうのです。お客様からのクレーム対応も多く、プレッシャーを感じる局面も多いのかもしれません。社会人経験のない大学生などが「対応が悪い」「愛想が悪い」などのようなクレームを受けるとモチベーションが下がることもあるでしょう。

長時間の労働

飲食店業界に限らず、昨今の労働問題で多いのが勤務時間が長いこと。飲食店は深夜まで営業していることもあるので、シフトが細かく変動すれば生活リズムも崩れてしまいます。また、人出不足の店舗では休日出勤などもありえます。特に店長であれば、アルバイトが急に休むことになれば代わりに出勤せざるをえないことも。現場で働く人の労力をいかにマネジメントするかは業界全体の課題であるといえるでしょう。

賃金が低い

他業界に比べて飲食業界は賃金が低いともいわれます。もちろん、運営している企業の規模などにもよりますが、平均で見れば低いという声が多いです。また、個人経営の飲食店では従業員に対して残業代が振り込まれていないなどのトラブルがあることも。店長の場合は管理職として、そもそも残業代支給の対象外にされることもあるそうです。

飲食店店長の現状

さらに「店長」という立場に焦点を当てて見ていきましょう。

飲食店店長の勤務時間

先にも少し触れましたが、飲食店店長の勤務時間は長くなりがちです。雇われ店長の場合、超過勤務手当や深夜手当・休憩時間など、一定の待遇が与えられますが、店長本人が経営者であればそうはいきません。オーナー兼店長の場合、もちろん自分の都合にあわせて営業形態を変えることはできますが、繁盛していればそうも行かない事情もあるでしょう。一人では手が回らないからアルバイトなどを雇おうと思っても、そう簡単に満足のいく人員は集まらないのが実情です。

給料

それだけの時間を仕事に費やしたとしても、相応の報酬があるとは限りません。大手チェーン店などは相応の給与が発生することも多いですが、小規模店や個人経営店では過剰なサービスで労働時間の割に売上高があがらないといったケースもあるそうです。売上が向上しなければ当然、手取り報酬も減ることになります。

転職

こういった理由から現状店長職を退き、他職種へ転職する方が後を絶ちません。やはり理由として多いのは、長時間労働からの解放や年収UPの可能性、人間関係ストレスの縮小などです。飲食店は接客スキルを養われることが多いので、それらを活かした職業。例えば営業職などに鞍替えする人が多いそうです。

稼げる店長が増えてきている

一方で先述した問題とは無縁の世界で、報酬の大台といわれる年収「1000万」を達成している飲食店店長も増えてきているそうです。その実態を見ていきましょう。

増加する高給取り店長とは

「稼げる飲食店店長」とは今までの概念からすると、少し意外な気がしますね。年収1000万なんて夢のまた夢なんて思われる方が多いですが、近頃は飲食店店長でも実現可能といわれています。例えば、宅配とんかつ屋、大衆酒場、すし屋など独自性を打ち出せるジャンルはその傾向にあるようです。雇われ店長の場合は大手チェーンで成果報酬型のシステムがあったり、キャリアアップとして店長職に就き何年か担当した結果、給与が増加したといったケースです。ここまで見てきたように飲食業界は問題点もありますが、「飲食店店長」のイメージは大きく変わってきております。ネガティブな要素に注目が集まりがちですが、高給待遇の店長も増えてきているのです。自分の実力が伸ばせる環境であれば充分に高給を目指せる夢のある職業でしょう。現在、飲食店店長として活躍されている方ならば、そういった事情を踏まえて今後の指針を決めてもいいかもしれません。ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

-飲食店ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.