飲食店ノウハウ

飲食店を辞めたい理由とは?実情を把握して明日につなげよう!

飲食店に勤めている人の中には、様々な理由で仕事を辞めたいとと思っている人は多いようです。飲食店勤務におけるマイナス面ではありますが、これらの事実をしっかりと受け止めて、状況を把握することは決してマイナスではありません。これから飲食店で働こうという人や、現在飲食店で働いている人にとっては、実情の確認・把握はスキルアップし成長していくための重要な一歩となることでしょう。そこで今回、代表的な「飲食店を辞めたい」理由に「それでもやっぱり飲食店」の理由も併せて紹介します。

飲食店を辞めたい理由とは

まず、飲食店の仕事を辞めたい理由を紹介します。

心も体もくたくた

飲食店の仕事を辞めたい理由を大きくまとめると、体力的・精神的負担の大きさということに総括されるようです。

仕事が忙しい、立ちっぱなし、手荒れも

飲食店の場合、お客様の入りがピークを迎える時間帯の忙しさは想像を絶するもの。ある客様への対応中に他のお客様から声がかかったり、そこへ入店のお客様や会計のお客様などの対応などが重なったりして、文字通り「目が回る」状況に耐えなければならないこともあります。さらに数時間立ちっぱなしでの作業が続くこともあります。足・腰への負担は相当のものとなることでしょう。さらに、キッチンで洗い場を担当すれば、水と洗剤に手が触れている時間が長くなるため、手荒れも深刻な悩みとなります。これらのことが「辞めたい」につながることが多いようです。

休みが少なく、労働時間が長い

昼食時と夕食時の間のアイドルタイムでも、場合によっては団体のお客様の入店などで休憩が取れなくなることもあります。さらにオフィスワークと違って飲食店の場合、日中から深夜までの営業が普通なので必然的に労働時間が長くなる場合が多いです。さらに慢性的な人手不足で休日返上させられることもあります。これらのことも「辞めたい」につながりやすいようです。

人間関係がうまくいかない

飲食店での忙しい仕事に追われて、精神的に余裕がなくなる場合が多いです。そうなると掛け合う言葉も厳しい口調になってきて、チームワークがしっかり成立していない場合は、人間関係にひび割れが生じることもあります。あるいは上司からの度を越えた厳しい指導や指摘が重なり、精神的苦痛に耐えられなくなることもあるようです。そのようなことが、働く意欲の消失につながります。

クレーム対応がつらい

お客様から満足の反応だけをもらえるとは限りません。クレームがつけられることもあります。熟練した人であればその対応もうまくできるでしょうし、精神的苦痛にも耐性ができているかもしれませんが、経験が少ない人にとってはかなりつらいものかもしれません。耐えうるだけのスキルと精神力を身に付ける前に辞めてしまう場合もあります。

やっぱり飲食店の仕事?魅力を紹介

それでもやっぱり飲食店で働くことの魅力は消えないようです。それはどのようなことでしょうか。

接客の喜び

誠意を込めてお客様にサービスをした後、お客様の満足げな表情に出会ったり、「ありがとう」「おいしかったよ」などの言葉をかけてもらった時の喜びは、何物にも代えがたいものがあります。そして意欲的な働きへのモチベーションにもつながるのです。接客の仕事の大きな魅力の一つです。

スキルアップの喜び

飲食店の業務での習熟を積み重ねていくことで、得られる喜びもあります。

調理の技術

お客様に喜んでもらえるプロの調理技術に接し、それを自分でも習得していく喜びは大きいようです。さらに調理のスキルアップは、将来の人生のステップアップの可能性も秘めています。

コミュニケーション

しっかりしたチームワークが構築されている飲食店では、忙しい仕事をこなせるようになっていく中で、スタッフ同士のレベルの高いコミュニケーション技術も身に付いていきます。高度なチームワークに参加している喜びを感じられることでしょう。

状況判断力

コミュニケーション技術だけでありません。店内の様子を見て今自分は何をどうしたらよいのか、指示がなくても高度な状況判断をすることができる力も身に付きます。スキルアップを実感できる大きな喜びがそこにはあります。

「まかない」というご褒美

お客様に提供する高級食材を使ったまかないが無料、あるいは社員割引の低価格で楽しめるというのはやはり、飲食店の仕事をしていく上で大きな魅力です。

多くの人が飲食店を辞めたい理由も自分の力に!

飲食店では、辞めたい原因・理由となるような様々な状況や出来事があります。飲食店でこれから働く人や現在働いている人にとっては、見たくもない現実かもしれません。しかし、それらのマイナス面をあえて無視せずにしっかりと直視したり、自分の立場に当てはめてみたりすることで、これまで見えなかったものが見え、あらたなモチベーションが生まれくることもあります。たとえば「自分だけじゃないんだ」と気付くだけでも、心の中にプラス面の影響が発生することも考えらます。ぜひ飲食店の仕事に活かせる「何か」を探ってみてください。

-飲食店ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.