飲食店ノウハウ

飲食店のアルバイトの教育方法について。指導を見直して素敵な店作りを

2019年7月24日

現在の日本では「外で食事をしよう」「どこかいい店でお酒を飲もう」という話になったら、どこを選んだらよいか決めるのに困るほど膨大な選択肢が目の前に広がっています。ありとあらゆるタイプの飲食店が乱立状態で存在しています。その様な激しい競争状態の中で、飲食店業界は各店舗・各チェーン店グループが生き残りのためのクオリティアップを図りながら、切磋琢磨を繰り返しています。そしてその手段として、お客様に提供するメニューの改善・向上もさることながら、雇い入れたアルバイトの教育も重要な要素を占めています。アルバイト教育がきちんと功を奏し、実際の業務にしっかりと反映しているかどうかが、飲食店の経営を左右しかねないほどの重要性を持つものとなっています。そこで今回は、飲食店アルバイトの教育方法について、その具体的内容やメリットについて確認していきます。

飲食店のアルバイトの教育方法とは?

飲食店のアルバイトに対する教育とは具体的にどういうものでしょうか。

新規入店日のフォローを丁寧に

どんなアルバイトでも初日の緊張は計り知れないものがあることでしょう。それが初めてのバイト・初めての業種であれば精神的な重圧はさらに大きいものと思われます。それに対して経験者である上司は「今後の規律のためにも」と体育会的なノリで強い口調・厳しい目つき・冷徹な態度で接してしまう可能性もあります。それに耐えられる強靭な精神力を持ったアルバイトもたまにいるかもしれませんが、きわめてまれです。新入りのアルバイトのことを、不安に打ちひしがれそうな弱い人間としてまずとらえて、優しさで包んであげるような気持ちで初日を乗り切らせてあげることが大事です。

マニュアル化してわかりやすくする

昔の新人教育のような「自分の目で見て覚えろ」は通用しません。店内における業務や規則は、マニュアルとして文章やできれば写真付きで具体的にわかりやすく把握できるようにした方が、トラブルに至ることなくよりスムーズに成果の上がる教育となることでしょう。

作業の意図と目標を伝える

飲食店で行われる業務は全てお客様に満足していただくという目的のためのものです。その第一次目的が達成できて初めて、アルバイト個人の目的(動機)である「給料」にたどりつけるのです。そういう複数段階を経て真の目標に到達する生き方を経験していない若い世代は、最初にぶつかった壁によって自分自身の目標への道が見えなくなってしまい、バイトの意味が理解できなくなって挫折する人もいます。つまり、まずは任される仕事はすべてお客様のためであること、それによって店の収益が上がり、その結果バイトは給料がもらえるという一連のつながりの中の第一ステップを今やっているという認識を、常に意識するようになるまで指導してあげることが大切です。

スタッフ同士が仲良くなるような環境作り

多くのスタッフが働く中で孤独感を感じるようでは、アルバイトとしての十分な仕事はできない可能性があります。お客様に本当に喜んでいただくためには、お店のスタッフ全員が一丸となって取り組む必要があります。そのためにはチームワークが大切であることを全員の心の中に浸透してしまうまで何度も教えていかなければならないでしょう。

飲食店のアルバイトの教育を徹底することで得られるメリットとは?

さて飲食店のアルバイトにしっかりした教育を施すことで得られるメリットとはどんなことでしょうか。

店舗の売上、利益の向上

飲食店のアルバイトを教育して、お店にとってより理想的な人材へと育て上げていくことはすべてお客様の満足につながります。心のこもった明るいあいさつで迎えられたことにお客様は感激され、おいしいお酒や料理を喜ばれ、礼儀正しくて元気なあいさつで見送られたことを心に残して帰っていかれます。そしてその繰り返しが店舗の売り上げ・利益の向上へと直接結びついていくのです。

アルバイトの満足度の向上

アルバイトは教育を受けたことで、お客様に満足していただくためのスキルがアップしたことを、毎日の接客の中で、お客様の笑顔を見たり「ありがとう」の声をかけてもらったりしながら実感していきます。それがそのままアルバイトとしての達成感や満足感を感じる貴重な経験となります。

お客様へのサービス向上

その経験が、アルバイトの向上心に火をつけ、さらなる熟練の高みへと導いてくれることになり、お客様へのサービスが一段と向上していくのです。このころには「お客様に満足していただく」というお店全体の目的が、「給料をもらいたい・お金を稼ぎたい」という自分の目的と完全に連携していることをしっかりと実感し理解できていることでしょう。

飲食店のアルバイトの教育を徹底することで、店舗のクオリティがあがる!

飲食店の経営を考えていく上で、アルバイトの教育は必要不可欠であると言えます。教育の成果はアルバイトのスキルアップを生み出し、それがお客様の満足につながり、そしてそれがお店の収益アップにつながり、さらにそれがアルバイトへの待遇アップにつながり、その結果、受けた教育の価値を実感したアルバイトはさらにスキルをアップさせるだけでなく、その経験を後輩アルバイトに伝えていく、という風に理想的な方向へと展開がどんどんつながっていく効果が期待できます。

-飲食店ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.