飲食店ノウハウ

レストランのバイトはきつい?仕事内容と履歴書・面接対策を紹介!

2019年7月17日

気軽に入ることができてリーズナブルな料金で食事が楽しめるレストランから格調高い高級レストランまで、あるいは個人経営から全国展開の大型チェーン店まで、実に様々なタイプのレストランが日本中にひしめき合っています。そのため、外で食事をしたいということになったときは、色とりどりの幅広い選択肢の中から、予算や状況に合わせて自由に選ぶことができて大変便利でもあります。そのようなレストランを客として訪れたことのある高校生・大学生の中には、今度はそこでアルバイトをしてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回はレストランでの仕事の内容について、その特徴や、アルバイトを申し込む際の履歴書や面接について解説していきます。

知っておきたいレストランの仕事内容と得られる能力とは?

レストランでの仕事の内容とはどんなものでしょうか。そのメリットも含めながら見ていきます。まず、レストランをはじめとして飲食関係のお店の場合は基本的には、お客さんがいるホールを担当するホールスタッフと、キッチンでの仕事を担当するキッチンスタッフの二つの部署・仕事に分けられる場合がほとんどです。

レストランの接客

レストランで接客を担当するのはホールスタッフです。お客様をお出迎えして、お食事をしていただいて、最後のお見送りをするまでの全てでお客様に関わることになります。

コミュニケーション能力・英語力があがる

お客様に対してのあいさつ・言葉使い・態度・目線・表情など、お店のマニュアルや指導をもとにした理想的な振る舞いが常に求められます。そしてそれを接客のたびに実践し身に着けていく中で、日常生活では得にくい、高いコミュニケーション能力を獲得できます。また、英語を話すお客様のご来店によって、短くても理解していただけるような会話能力が求められるため、その面での力もアップします。

タスク管理能力が身につく

初めのうちは先輩社員からの指示で動くことが多いかもしれません。そのうち要領がわかってくると、たとえば、店内が混んでいて通常の担当分だけやっていてはお客様に迷惑がかかりそうな時などは、自分の判断で別の担当の補佐をしたりできるようになっていきます。さらに、配膳・追加オーダー伺い・レジ・片付け・清掃・つぎのお客様のお迎えご案内などを指示を受けることなくてきぱきとこなしたりという、状況判断能力やタスク管理能力が身に付きます。

レストランのキッチン

レストランのお客様は家族や友人などと楽しく食事をするために来られている場合がほとんどです。キッチン担当スタッフは、お客様との接触の機会はあまりありませんが、お客様に最高の料理を楽しく味わっていただくために、誠意をもって仕事に打ち込むことが大切になってきます。

料理を覚えることができる

料理にはしっかりした熟練が必要ですから、初めからすべてを任せられることはありませんが、皿洗いなどの仕事をしながら、実践に即した現場研修という方法で、少しづつ指導を受けて、プロの料理法を学ぶ機会が与えられます。キッチンスタッフであるからには、自分が作った料理をお客様に食べていただける日の感動を味わってみたいものです。

レストランバイトの履歴書と面接に向けての対策はどうする?

では今度は、レストランの採用に合格するための履歴書の書き方や面接に向けての対策について考えてみます。

履歴書

採用担当者はまず履歴書の記入のしかたやその内容から、雇うべき人材かどうかを見ようとします。採用に向けての第一関門と言ってもよいでしょう。パソコンでの記入もOKですが、手書きの場合は黒ペンで、できるだけ丁寧な文字を書くように心がけましょう。

志望動機の書き方とは?

なぜレストランで働きたいのかということはできるだけ明確に具体的に表現することをおすすめします。たとえば「レストランでは明るく楽しそうに食事をされている方が多く、そんなお客様を相手にする仕事がしてみたいと思っていました」といった感じで、接客の仕事に対する意欲が見て取れる文章を作ってみてください。

またどうして他の店ではなくこの店を選んだのかということも聞かれます。
「以前友人たちと訪れて食事をさせていただいたことがあるのですが、料理が大変おいしかったです。それだけではなく、お店の雰囲気やスタッフの人たちの礼儀正しさも素晴らしかったです。それを見て自分もこのお店で働きたいと憧れを抱くようになりました」というように丁寧で具体的な説明を心がけましょう。

さらに「お金を稼ぎたい」というような本音もあると思います。それをもとにして、履歴書に書いてもおかしくない、丁寧で分かりやすい文章へと色付けしていく作業をするのです。
たとえば、「現在わたしは実家の親から仕送りを受けています。そしてその仕送りが親にとっては決して楽なものではないということもわかってきました。そこで、自分で使うお金はできるだけ自分で稼ぐべきだという考えを持つようになりました」というように、「この意欲があれば大丈夫だろう」と思ってもらえるような文章を自分なりに作ってみてください。

面接対策

履歴書を受け付けてもらえたら次は面接が待っています。

履歴書に書いた志望動機を口頭で答える

面接では上の志望動機の項で紹介した志望動機が再び聞かれることがあります。そのため、口頭でも答えられるように練習しておくことが大事です。

さらにシフトの件も聞かれます。レストランにとっては昼食時間帯や夕食の時間以降の夜の時間帯など、繁忙時へのシフトが可能な人材は大変ありがたいものです。
もし可能であれば「大学の試験期間を除けば土日のシフトも大丈夫です。」というようなことをはっきり伝えるとよいでしょう。

面接の際に確認しておくこととは?

後のトラブルを避けるためにも、シフトでどうしても入れないところがあれば、最初に申し出ておいた方がよいでしょう。さらに服装などについてもその許容範囲を具体的に聞いておくことも大切です。

レストランの仕事をすることで、充実したワークライフを送ることができる!

高校生や大学生・専門学校生・フリーターなど若い世代のバイトが多く採用されて働いているレストランは、同世代の人たちにとって溶け込みやすく、楽しく働ける環境が整ったバイト先であると言えます。そんな場で接客技術や調理技術を身に付けながら様々な人間関係に触れる体験は、後の人生にとっても有意義で貴重なものとなることでしょう。ぜひチャレンジしてみてください。

-飲食店ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.