飲食店ノウハウ

イタリアンでのバイトはつらい・きついと評判?業務内容やメリットを紹介!

2019年7月4日

地中海に臨み、あたたかな陽光につつまれ、明るく開放的な国柄が持ち味で、陽気で朗らかな国民性が特色のイタリア。その栄光の歴史の中から生み出されて受け継がれ、イタリア国民に愛され続けるイタリア料理は、日本にも伝えられてイタリアンレストランで人気を集めています。南ヨーロッパ風の情熱的な雰囲気を持つおしゃれなレストランの中で味わうイタリア伝統の料理は、日本の食通だけではなく多くの人たちが高い評価を与えているようです。そんなイタリアンの店の活気あふれる雰囲気の中でアルバイトをしてみたいという人も多いことでしょう。そこで今回はイタリアンでのバイトについて、その仕事内容や、メリット、さらには面接対策についてご紹介していきます。

口コミを見るとつらいものが多い?イタリアンでのバイト内容とは?

人気のイタリア料理だけに繁忙時間帯となるとかなり混む店も多く、バイトにとってはかなりの勝負所、お店全体で対応力が試される状況にもなるようです。人気店の宿命と言ってもよいでしょう。そんなイタリアンでのバイトの仕事ってどんなことをするのでしょうか。

イタリアンの調理

キッチン担当のスタッフが行う仕事の中では調理が最も重要で中心的な業務です。すべての料理にイタリア語の名前が使われているので、慣れないと難しいかもしれません。ただ、熟練を要する業務ですので初めからバイトに多くのことを任せることはできないと思われます。最初は食器洗いや食材の仕込みなど、ある程度要領がわかればやりやすいようなことから任されることになります。それでも少しづつ調理の腕前を上げるよう、実践的な研修の形で指導を受けていくことになるでしょう。パスタやピザは本当に調理が難しいので習得に時間はかかりますが、とても有意義スキルとなります。

ドリンク作り

イタリア料理店ということで、ワインを中心にドリンクの知識や作り方は大事です。ドリンク作りはホール担当のスタッフに任される場合が多いようです。コツを覚えれば比較的やりやすい仕事ですので、バイトに入ったら最初から任される仕事の一つです。

イタリアンの接客

ホール担当のスタッフの最重要業務が接客です。ホール担当のスタッフの最重要業務が接客です。日本人だけではなく、イタリア人など外国人のお客様も訪れる国際的な場となることもあります。お客様をお迎えして座席へ案内し、オーダーを受け、配膳し、清算が終わってお見送りするまでの「接客」の全てを任されます。まさにお店の顔と言ってもよい立場ですから、気を抜くことはできませんが、やりがいも感じられる仕事です。

テーブルマナーにも注意

日本式だけではなく国際的なテーブルマナーに関する知識が必要になります。ホールスタッフがお客様に接するときは、お客様の気分を害することがないように、お客様に満足していただいて「また来たい」と思っていただけるように、丁寧で礼儀正しい態度と言葉遣いに徹することが大切です。

学生がイタリアンで働くことで得るメリットとは?

イタリアン料理、イタリア語を学ぶことができる

イタリア料理について専門的な知識やスキルを身に付けることができるので、後の人生にとっての有意義な材料とすることができるでしょう。また、イタリアンの現場では常にあらゆる料理がイタリア語で呼ばれますから、イタリア語の言い方読み方に強くなる可能性があります。となると同じラテン語の系列に入るスペイン語・フランス語などにまでその力がつながっていくことも考えられます。

まかないがイタリアン

まかないとしてイタリアンが味わえるということは、バイトにとってはかなり大きな魅力ではないでしょうか。客として訪れたらそれ相応の金額が発生するおいしいイタリア料理を無料や低価格で食べられるのですから、「最高のひと時」かもしれません。

テーブルマナーを学ぶことができる

日本の箸文化とはまた違う、イタリアンのフォーク・ナイフ文化におけるマナーを現場で実際に目にすることができるわけですから、グローバル化が進んでいく情勢においては、素晴らしい研修の場と言えます。

外国人との交友が増える

ホールでの接客を通して外国文化に触れるだけではなく、実際に外国人のお客様との心の交流が生まれる可能性もあります。会話をし、気持ちが通じる機会が生まれるというだけでも人生経験としては大きなプラスになります。それがさらに就職した後の人脈にまで発展するようであれば、価値の大きさは計り知れません。

イタリアンのバイトに受かるために必要なこととは?

さて、イタリアンでのバイトに採用されるためには、どういうことに注意したらよいのでしょうか。

面接対策

面接では採用担当者は、お店でのバイトに適した人材かどうかを見抜こうとします。そのためには応募者の服装にもしっかり注目します。ただ、特別に堅苦しく考える必要はありません。

服装、靴は何がいい?

アルバイト面接なのでスーツの必要はありません。時にはジーンズは許されることもありますが、ダメージタイプは避けるべきです。できたら白い襟付きのシャツ(女性はブラウスも)にチノパン(女性なら短すぎないスカートも)など清潔感が感じられる常識的な服装がよいでしょう。靴も派手な色ではないスニーカーでもOKということもありますが、できれば革靴やパンプスで臨むほうがよいでしょう。

イタリアンのバイトを通じて、豊富な社会経験を積んでいこう!

南ヨーロッパ、イタリア風の雰囲気とおいしい料理で人気のイタリアンには、バイトでお金を稼ぐということの他にいろいろな魅力が待っています。接客の技術や料理の知識を習得しながら、その中で生まれる人間関係までも自分の人生における財産にすることができる、そんな素晴らしい可能性を持ったイタリアンでのバイトにぜひチャレンジしてみてください。

-飲食店ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.