就活ノウハウ

アルバイトが続かないのはなぜ?長く続けるメリットも紹介

少しでも嫌なことがあったり、合わないと感じたらすぐにアルバイトを辞めてしまう。このまま社会人になって大丈夫なのかな。そう不安を抱えている人は多いでしょう。

辞めたくなる原因は人それぞれですが、できる限りアルバイトは長く続けたいですよね。

なぜ、アルバイトが長続きしないのか、原因と対策を解説していきます。

アルバイトが続かない理由とは?

アルバイトが長続きしない原因は、人間関係、時給、距離です。では、アルバイトを長続きさせるためにはその問題を解決すれば良いのでしょうか?もちろん解決できる問題もありますが、人間関係は自分の力では、どうしようもありません。

アルバイトを続けるためには具体的にどんな対策をとったら良いのか、詳しく説明していきます。

通いやすいアルバイト先を選ぶ

先程、アルバイトが長続きしない原因の一つとして、家との距離が挙げられました。この問題は、自分でどうにかできる問題です。

アルバイトの場所を決める時には、家との距離感が大切です。学生であれば学校とアルバイト先、家それぞれの距離感を考える必要があります。

休日にアルバイトを多く入れたい場合には家から、平日の場合は学校から近い距離が最も通いやすいでしょう。しかし、授業の内容や部活などで急にスケジュールが変更する可能性も考慮して、家からなるべく近い距離のアルバイト先を選んだほうが、より通いやすいです。

アルバイトで明確な目標を持つ

アルバイトが長続きしない人で多いのが、飽きてしまうという原因です。特にアルバイトで長い時間を過ごすフリーターや、授業がそこまでない学生など。

アルバイトを初めた頃は、覚えることも多いため常に早く仕事を覚えようと、張り切って仕事に取り組むでしょう。しかし、仕事に慣れ、アルバイト先にいる時間が長いとマンネリ化してしまいがちです。

簡単で良いので明確な目標を立てると、アルバイトのモチベーションを保つことができます。例えば、バイトリーダーになって現場の指揮をとる、◯万円稼いで欲しい物を買う、などの目標でも構いません。

どんな内容でも良いので、できれば毎月小さな目標を立ててアルバイトに望みましょう。"

 

アルバイトを長く続けるメリットとは?

同じ場所で、できるだけ長くアルバイトを続けた方が良いとよく聞きますが、本当に続けた方が良いのでしょうか。

アルバイトを続けること、どのようなメリットがあるかを知ることでアルバイトのモチベーション維持にもつながり、結果的に長く続けることができるようになるでしょう。

アルバイトの時給が上がる

アルバイトでも、働く場所によっては時給がアップするところがあります。例えば、月に◯回以上シフトに入ったら次の月は◯円時給がアップ、バイトリーダーになったら◯円アップなどです。

時給が上がればモチベーションも上がる!という人は、このような昇給制度があるバイト先を選ぶことで、アルバイトが続けられるかもしれません。

シフトの融通が利きやすくなる

長く同じとことでアルバイトをしていると、上司とも仲良くなるため、急な用事が入った時でもシフトが変更しやすくなる可能性があります。

アルバイトスタッフでも、仕事を長く続けているベテランは、お店にとってとても貴重な人材です。急に辞められたら困る存在になれば、ある程度の融通は利かせてくれるようになりますよ。

就活の役に立つ

就職活動の履歴書には、必ず職歴を書く必要があります。学生の職歴はアルバイトのみになりますので、どんなアルバイトをどのぐらいの期間続けたか記載します。

一つの勤務先で長く続けていたということは、根性がある、途中で投げ出すことがない強い人間と捉えられるケースが多いです。また、それだけアルバイトを長く続けていると経験や様々な知識が見に付いているので、就職活動のアピールポイントにもなります。"

どう頑張っても続かない人のための対策法

様々な対策やメリットを解説してきましたが、それでもやっぱり続けられない方も中にはいるでしょう。どう頑張ってもアルバイトを続けられない人は、友達の力を借りるか、暇なバイトを選ぶかの対策がおすすめ。

では、具体的な方法を見ていきましょう。

<h3>友達と一緒にアルバイトをしてみる

どうしてもアルバイトが長く続かない人の対策としてまず挙げられるのは、友達の力を借りることです。友達と一緒にアルバイトを探し、同じバイト先で働くか、すでに友達がバイトしている場合にはそこに応募してみるといった方法があります。

これは、友達の協力があった方がより強力なので、できれば事情を話して協力してもらった方が良いでしょう。

忙しいのが苦手な人は、暇なバイトをしよう

アルバイトをすること自体が少し苦手、でもお金は必要。そんな人におすすめな対策は、暇なバイト先に応募することです。

例えば、図書館や美術館、個人経営の喫茶店などです。アルバイトが長く続かない人の多くは、人間関係が原因です。暇なバイト先であれば、そもそも人と接する機会が少ないので、人間関係で悩む可能性も低くなるのです。

求人は少ないですが、直接ここでバイトしたいと思った場所に連絡してみると、案外アルバイトできるかもしれませんよ。

ただし、これは忙しいアルバイトが苦手な人に限ります。暇な時間が長いのが苦手な人は友達に協力してもらった方が良いでしょう。

"アルバイトが長続きしないのは、あなたがダメ人間だからではありません。人には、向き不向きがあり、モチベーションを保つ方法も人それぞれです。

自分に合っているバイト選びをすることが何より大切。辞めてしまう原因が発生しないバイト先をしっかり見定めて、目標を立てることでアルバイトを長つ続けることができるでしょう。

どうしてもダメな時は、友達の力を借りるか暇なバイト先に応募してみるなどの対策も試してみてください。

 

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.