就活ノウハウ

飲食店のパートに採用される志望動機の書き方と伝え方を徹底解説

2019年6月8日

主婦層を中心に、パートでの仕事を望む人は多いのではないでしょうか。家事・育児・介護などの諸事情で、フルタイムでの勤務が困難な状況にある人にとって、パートタイムで収入の道が確保できるということは、ありがたいことだと思います。さらに、飲食店など自分の希望する職種でのパートであれば、労働意欲も増し、充実した勤務となります。では、希望する飲食店で、パートとしての勤務を受け入れてもらうためには、どうしたらよいのでしょうか。

飲食店のパートの志望動機を書くコツ

では志望動機の書き方について説明していきます。まずは自分の心に浮かぶ志望動機をいくつ書き並べてみましょう。「この店が好きだから」とか「お金を稼ぎたいから」といった候補がでてくることでしょう。次はそこから、履歴書に書くに値する正式な志望動機へと作り上げていきます。  

希望飲食店の魅力

例えば「この店が好きだから」という気持ちは大事な志望動機候補ですが、希望飲食店の魅力を伝えて、有力な志望動機とするには力不足です。そこで「この店には家族や友達と何度か行ったことあるけど、店員さんがみんな明るくて、礼儀正しくて、料理もものすごくおいしくてほんとによかった。こんな店で働いてみたい」という経験にまで表現を広げて、より具体的な志望動機にするのです。そしてそれを履歴書用の丁寧語に置き換えていきます。すると、採用合格に向けて大きなプラスとなる志望動機が出来上がります。

例文:「私はこれまで何度か、家族や友人たちと貴店を訪れたことがあります。その時の店員さんたちの、明るい表情、丁寧な言葉遣い、礼儀正しい態度に心を惹かれました。また料理もとてもおいしくて、本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。そしてできるものなら、私も、貴店のパートとして働かせていただいて、お客様に満足感をお届けする側に立ってみたいと思うようになりました。」
 

プライベートな理由

例えば、「お金が欲しい」という動機も当然内心にはあることでしょう。ただそれを大っぴらに表明してしまうのはちょっと気が引けます。履歴書用の志望動機としても説明不足です。そこで、「生活費や子供の学費・養育費を賄い、生活にゆとりを持ちたい」といった人生の重要な取り組みと結びつけることで、パート業務での真剣さにつながる可能性が見えてきて、評価がアップします。
  

自己PR、職歴・適性・意欲

趣味・特技やスポーツなどの過去の実績、さらには、同業での過去の職歴、業務に対する自分の適性や意欲・情熱など、PRポイントはいくつか出てくると思います。それらを履歴書の欄に記入する際に、「こういうことをやりました」という単なる事実に羅列に終わったら、「無意味な自慢」と取られかねません。必ずそれらの経験が、パート業務や店内のチームワークなどに生かせるという形の表現につなげて、文章を作成していくことが大事なのです。

飲食店のパートの面接で志望動機はどう答える。

採用担当者はまず志望動機を文章で読んで、パートとして採用したい人材なのかどうかの見極めをスタートさせます。そして面接で、その見極めに間違いがないか確かめた上で採用合否の判定を下すことになります。そのため、履歴書に志望動機を記入することができたら、今度はそれを面接の場でも生かすことが大切です。事前の練習無しに面接の場で質問されて、その場しのぎの返答をするような事態は避けなければいけません。しっかりと対策を練っておきましょう。基本的な考え方は、文章で書く時も口頭で答える時も同じです。「パートをしたいと思った理由は何ですか」「どうしてこの店で働きたいと思いましたか」というように尋ねられて、どう答えるか自分なりの回答を完成させておきましょう。その際、やはり、「生活費のため」「子供の養育費のため」「このお店が好きだから」といった純粋で切実な本心から出てくる志望動機をキーワードにしましょう。そしてそれらのキーワードに、採用担当者の心に届くように、より丁寧で具体的な説明を付け加えます。面接用の志望動機が出来上がったら、実際の面接の場面を想定しながら(鏡を見たりしながら)、声に出して言ってみる練習をします。鏡を見ながら実際に声に出してみることで、うつむいたまま相手の顔を見ないで話したり、慌てて早口になったりといった点の自己修正が可能になります。採用担当者は面接の場で、応募者の回答内容もさることながら、面接に向けた予行練習をしてきていると感じさせる応募者の意欲や真面目さにもしっかりと着目し、合否判定のための重要な判断材料にします。ぶっつけ本番にならないよう、十分シミュレーションを繰り返しておくことをおすすめします。

飲食店パート採用に向けて最適の志望動機を!

希望の飲食店パート勤務を勝ち取るためには、まず履歴書の作成からスタートしましょう。その際に、自分の気持ち、自分の経歴・実績をそのまま書くのではなく、すべて飲食店パートの仕事にしっかりとつながるものであると力強く宣言するような文章作成が大事なのです。そしてその作業経験は、面接で改めて同じ質問をされたときに、大きな力となり、採用決定へとつながっていくのです。

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.