就活ノウハウ

居酒屋のバイトに受かる履歴書とは?志望動機や自己PRを書くポイントについて

2019年6月19日

会社の同僚や友人知人・家族連れなど多くの人が、宵のひと時を楽しい会話と明るい笑顔で過ごす居酒屋。そのにぎやかな雰囲気の中で働きたいと、アルバイトの人気も高いようです。ところで、居酒屋でのバイトに採用されるためにはどうしたらよいのでしょうか。その活動の第一歩が履歴書の記入ということになります。といっても、ただ書けばよいというものでもありません。採用を勝ち取るためには、有用な人材として認められるような履歴書の書き方が必要になってきます。そういったことを具体的に見ていきましょう。

履歴書の書き方 まずはじめに

黒のボールペンを使用して書きます。必ずしも達筆である必要はありませんが、丁寧で読みやすい文字を書くことが大事です。書き間違えたときに修正ペン・修正インクを使用するのは御法度です。正式な書類作成の上での慣習的な修正法に従わないと失礼にあたります。それにはまず、間違えたところに二重横線を引いてその上に訂正印として印鑑を押します。そして、すぐそばの空白の部分に新しく書き直します。修正部分が増えて見た目を損なうと感じたら、新しい用紙に書き直したほうがよいでしょう。

パソコンを使うと、修正の手間から解放されて楽になります。時間に制限があるような場合はパソコンでの記入の方がよいでしょう。ただ、手書きの場合は、誠実さ・几帳面さといった採用判定の上でのプラス材料とされる可能性もでてきますので、時間が許すならば手書きの方がよいかもしれません。

居酒屋バイトの履歴書はどう書く?

では、履歴書の書き方についてさらに深く見ていきます。

職歴欄の記入

履歴書の中で記入が必要な欄の一つとして職歴欄があります。これまでどういう会社で勤務したことがあるのかを記入するわけですが、「平成◯◯年◯月◯◯日◯◯会社 アルバイト入社」「平成◯◯年◯月◯◯日◯◯会社 アルバイト退社」という風に事実を正確に記入することが求められます。もし、職歴が多すぎて書ききれない場合は、3ヶ月以上勤務した仕事や居酒屋と関連性の仕事に絞ってもよいでしょう。

居酒屋バイトへの志望動機欄記入

居酒屋バイトに採用されるために履歴書の志望動機の欄にはどう書いたらよいのか、迷う人も多いのではないでしょうか。本音を言えば「お金が欲しいから」「自宅に近いから」「この前行ったときいい感じの店だったから」といった志望動機候補が出てくることでしょう。でもそれらをそのままズバリ履歴書に書いていいとも思えません。このあとどうしたらよいのか、見てみましょう。

たとえば「お金が欲しい」という志望動機候補。バイトをする人なら誰もが持って当然の動機です。しかしそれをそこだけ切り取って記入したのでは、ちょっと下品な感じを与えてしまいます。そこで、「お金が欲しい」という気持ちの背景を確認してみて下さい。「親からの自立を目指している」「親への負担を減らしたい」「生活費や住宅ローンなどでかさむ出費をカバーして、もう少し余裕のある暮らしを実現したい」といった人生の中の明確な目標を、お金を必要としている現実につなげる形で表現すると、志望動機の持つ重みが一気に増して、採用者側に与える印象も全然違ってきます。

「自宅に近いから」という志望動機候補もこれだけ見ると、「甘えている」といった印象を与えてしまいます。しかしそこに「勤務時間はしっかり守れる」とか「急なシフト変更にもある程度は対応が可能」といった積極性が前面に出た表現と合体させると、イメージが、採用側の望む理想的な人材に早変わりします。

また、「いい感じのお店だから」という志望動機も、これ単独では「お客さんとしてはありがたいけど、アルバイトとしては大丈夫?」といった疑惑が浮上しそうです。しかし「以前来店した時、店員さんたちのあいさつ・言葉使い・態度が素晴らしくて大変満足させていただいた」「自分もこのチームに加わって人間として成長したいと思った」というような説明を合体させると、店が求めている人材に極めて近い方へ評価が急展開することになります。

ということで、まず自分の心に浮かぶ志望動機候補を挙げてみてください。そしてそれに、採用担当者に理解してもらえる説明を付け加えて文章を作成してみてください。それで、履歴書用志望動機が完成します。

居酒屋バイトに向けての自己PR欄記入

自己PRもやはり、自分のセールスポイントを、採用者側の気持ちとつながるような形で文章表現することが大事です。決して、「私はこんなことをやってきたんですよ」という自慢話だけで終わらないようにしなければいけません。たとえば、学業や・部活動・サークル・趣味・特技などで、コツコツと続けた来た努力や大会やコンテストなどで挙げた成果を、アルバイトの場での「チームワーク」「明るさ」「勤勉さ」「意欲」などを生み出す自信や決意に結び付ける表現が大事です。

居酒屋バイトでの本人希望欄記入

例えば都合の悪い曜日や時間帯は希望欄に明記しておいた方が、後々のトラブルを防ぐ意味でも重要です。その際は「学校や家庭でのやむを得ない事情」など具体的な理由をつけた方が誠意が感じられてよいでしょう。逆に金・土・日や祝祭日など繁忙期・繁忙日でのシフト対応も可能であれば、しっかり明記しておくと有力なアピールとなるでしょう。

履歴書不要と言われることもある

基本的には、履歴書不要と言われていれば準備する必要はありません。ただ面接会場に行ったとき、履歴書に代わる書類に記入するよう指示があるかもしれません。そんな時のために履歴書を持参していると、それをそのまま見ながら書くことができて便利です。また、面接で聞かれることを事前に紙面でシミュレーションすることになるので、その点でも有意義です。

希望バイト採用合格に履歴書は大切

希望の居酒屋バイトで採用を勝ち取るため、活動の大事な一歩目として履歴書記入は位置付けられます。決して自分本位・自己中心的な観点にとどまることなく、採用する側の視点をも意識しながら、文章表現を作り上げていくことが大事です。履歴書は採用する側とされる側の架け橋の役目をはたすものですから。

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.