就活ノウハウ

居酒屋のホールのバイトはきつい?仕事内容や業務をこなすコツを紹介

多くのお客様が楽しいひと時を過ごすためにやってくる居酒屋。その居酒屋店内の、お客様が飲食をするフロアのことをホール、料理専門の場所をキッチンと呼びます。(ホールとは別に宴会場がある居酒屋も多いです。)それぞれの場所で働くスタッフのことをホールスタッフ・キッチンスタッフと呼びます。ホールスタッフと言えば、お客様と最短距離にいてサービスを提供する、まさに「店の顔」「店の看板」ともいうべき存在です。今回は居酒屋でのバイトを希望する人のために、そこで働くスタッフの仕事についてご紹介します。

居酒屋ホールのバイトはどんなもの?

さて、居酒屋のホールスタッフの仕事を、順を追ってみていきます。

開店前の仕事

まず最初は掃除です。店外の駐車場、店内の床やテーブルなどを掃除します。ただし、学生バイトは学校や大学が終わってからしか来られないので、開店した後からの参加になります。そのあと、宴会の予約が入っていれば、テーブルセッティングの必要があります。さらにその日の特別メニュー(おすすめ料理)などの確認などをしておきます。

誘導・注文から精算・片付けまでの仕事

いよいよ店が開きお客様が入店してきます。ホールスタッフは、明るい笑顔で「いらっしゃいませ」のあいさつの後、お客様を案内します。そしておしぼりを届けて、オーダーを伺います。やがて出来上がった料理やドリンクをお客様のテーブルまで運びます。熱い料理の場合は「熱くなっていますので、お気を付けください」などと注意を促します。(ドリンクはホールスタッフが作ることが多いようです。)追加のオーダーがあればそれに対応します。必要があれば、灰皿・皿・おしぼりなどの交換をします。トイレチェック、トイレ掃除も大事な仕事です。最後に精算やテーブルの後片付けをし、次に座られるお客様のためにセッティングをし直します。お見送りの際の「ありがとうございました。(またのお越しをお待ちしております)」のあいさつも大事です。場合によってはクレームが入ることもあり、その対応もします。

閉店後の仕事

次の日の営業が支障なく始められるように、セッティングしたり、不足品の補充や発注の確認をしたり、小銭の確認などをします。(発注は店長が担当することが多いようです。)掃除は開店前にもしますが、閉店時も特に汚れている部分を中心に掃除します。掃除に関しては業者委託をしている場合もあります。

居酒屋のキッチンの仕事は?

キッチンの仕事と言えば、調理が第一ですが、実際には調理以外にもたくさんの仕事があります。たとえば、食材の発注や納品・在庫の管理・仕込み、さらに食器の洗浄や整理というように、開店前から閉店後まで、おいしい料理の提供だけではなく、それにつながるたくさんの仕事があります。ただ、バイトの場合は、最初からいきなり本格的な調理は無理なので、まずは、食器洗浄を担当したり、野菜を洗って切るなどの調理の下ごしらえをしたり、サラダなどの盛り付けをしたり、肉や魚などに焼き目を入れたりといった、簡単な作業を任されます。慣れてきたら、調理も担当するようになる場合もあります。チェーン店の場合は、食材を解凍して盛り付けるだけで完成するシステムがあるなどして、バイトだけで切り盛りできる部分もあります。

ホールとキッチン 仕事比べ

ホールスタッフとキッチンスタッフの仕事の重要ポイントや大変さなどをチェックしてみましょう。ホールの仕事の重要ポイントは、お客様と直接的に接するということです。そのため、明るい表情、元気な挨拶、礼儀正しい態度や言葉遣い、料理や食器の丁寧な取り扱いなどが、お客様の目に触れる場面でのあらゆる振る舞いにおいて要求されます。そしてその努力が、お客様の満足の笑顔や「ありがとう」「おいしかった」といった短いけれど暖かい言葉によって、報われることも多いです。ただ、逆に、至らない点があるなどして、お客様に不快感を与えてしまうと、クレームとなって跳ね返ってくるので、最初から最後まで気を抜くことはできません。また、ビールの大ジョッキを複数運ぶなど、重いものをぐらぐらさせたり、落としたりしないでテーブルに無事届けるような場合の、体力的なハードさもあります。混雑時に仕事をてきぱきとこなす才覚も要求されます。

キッチンスタッフの場合は、お客様と直接接する機会はほとんどありませんが、それでもホールスタッフと同じように、誠意と真心と真剣さをしっかりと持って料理をお届けすることで、お客様に満足していただくという信念は欠かすことはできません。また、混雑時間帯で注文が殺到しているときにも、要領よくこなしていく才覚も同じように必要です。ただ、ホールスタッフとちがって、お客様の満足の表情を直接見ることができず、「ごちそうさま」の言葉を直接聞くことができない、縁の下の立場にあるということで、達成感の感じ方には温度差があるかもしれません。それでもなお、お客様に喜んでいただくために、実直に、コツコツと、料理を作り続ける信念をしっかりと持っているということが、キッチンスタッフの重要ポイントのようです。

仕事がわかればやる気も増加!

ホールスタッフの仕事とキッチンスタッフの仕事、どちらも大変さはありますが、やりがいもあります。そして、誠意と真剣さを忘れずに、お客様に満足をお届けして、喜んでいただくために努力するという信念が必要なことも共通です。自分の希望や適性に応じて決めていくことになりますが、場合によっては店側からの指示で配置が決まることもあります。いすれにしろ、その業務内容を理解しておくことは、勤務意欲を高めることにつながり、実際に居酒屋のバイト現場に立った時にも、大きな力となることでしょう。

-就活ノウハウ
-, ,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.