就活ノウハウ

ファミレスの仕事内容とバイト応募時の履歴書の書き方について

2019年6月26日

明るい店内の雰囲気と豊富なメニュー。乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の人たちが、気軽に入れて安心して利用できるファミレス。家族連れや学生や社会人など様々な種類のグループの人たちが、食事の場として利用する人気のファミレス。今や外食産業の代表的存在としての地位を確立した感のあるファミレスは、「こんな職場で働いてみたい」と、仕事として興味を持つ人も多く、人気が高いようです。そこで今回は、ファミレスで仕事をしてみたいと思っている人に向けて、その仕事内容や採用面接に向けての対策のついてご紹介していきます。

ファミレスの主な仕事内容

ファミレスの仕事は大きく分けるとホールとキッチンの2種類の仕事に分けられます。それぞれ別の場所での仕事になりますが、しっかりとしたチームワークによる密な連携を目指さなければなりません。

ファミレスのホール

お客様が食事をする場を担当するのがホールスタッフです。お客様と直に接する立場ですのでお店の顔とも言われます。

接客

お店に入って来られたお客様を明るい笑顔と元気な挨拶でお迎えすることから始まります。そしてテーブルへの案内、お手拭きや水を届けてオーダーをうかがい、出来上がった料理をテーブルまで運びます。さらに追加オーダーがあれば同じように対応し、レジでの精算のあと、お見送りまで接客は続きます。常にお客様と直接かかわり続けることが仕事の中心となります。大入り満席の時でもイライラしたり不機嫌そうな表情は厳禁です。清潔感と共に丁寧で礼儀正しい態度と言葉遣いを維持することが大事です。

後片付け

お客様が帰られた後のテーブルの上の後片付けと掃除もホールスタッフの仕事です。特に満席状態の時は、次に座られるお客様をお待たせしないように、あるいはテーブルの上の汚れで不快な思いをさせないように、てきぱきと業務をこなす必要があります。マネージャーからの指示がなくても、お客様のことを第一に考え、自分で状況判断し、最善の対応ができるようになっていくことがホールスタッフに求められる重要テーマの一つです。

ファミレスのキッチン

キッチンでの仕事のすべてを担当するのが、キッチンスタッフです。お客様と直に接することはあまりありませんが、やはりホールスタッフと同じように、お客様のことを第一に考えて、お客様に満足をお届けする気持ちで仕事をすることが大切です。

調理

キッチンの仕事の中で調理は、お客様の満足に直接結びつき、ひいてはお店の評判や売り上げに大きく影響する最重要な業務です。調理経験がない人はもちろんですが、調理経験のある人も、そのファミレス独自の調理ノウハウ・手順などをマスターする必要がありますので、最初からすべてを任されることはないかもしれません。勤務と並行して研修を受け、経験を積みながらマスターしていくことになります。

皿洗い

片づけられた食器や皿をキッチン内できれいに洗って、必要があれば、すぐにまた出せるように整える仕事です。基本的にはキッチン現場に入った初日から任される仕事の一つですが、きれいに洗うだけではなく、状況に応じててきぱきとこなし、仕事の流れに支障をきたさないような状況判断も必要です。

仕込み

注文を受けてすぐに調理できるように、仕入れた食材を分けたり切ったりして調理の下準備をします。若干の経験が必要な部分もありますが、アドバイスを受ければすぐにできることも多いので、最初から任されることになります。

ファミレスの仕事の面接に受かるために必要なこと

ファミレスの仕事に就くには履歴書を提出し、面接を受けなければいけません。採用担当者に「この人は雇いたい」というように、人材として認めてもらうことが目標となります。しっかりと対応していきましょう。

ファミレスのバイトに応募する際、履歴書を書くコツとは

手書きの場合は、上手でなくても丁寧に書くことが大事です。事実をありのままに書き込みましょう。志望動機の欄も、「お金が欲しい」という本音を「余裕のある豊かな人生を送るために資金をためていこうと思っています。さらに、どうせやるならお客様に喜んでいただけるような仕事をしてみたいと思いました」というような形で履歴書のための丁寧な表現にすることが大切です。

何故ファミレスを選ぶのかということも履歴書に記入できるとよいでしょう。「私はお客様に接して喜んでいただく仕事がしてみたいと思っています。そしてこれまで自分が訪れたいろいろなお店のことを思い出してみると、気軽に入れてゆっくりと食事が楽しめるファミリーレストランが自分には一番合っていると感じています。」というように接客のことにふれながらファミレスへの思いを込めます。

また、「このお店が気に入ったから」という本音を履歴書用の表現に作り変えましょう。たとえば「以前貴店でお食事をさせていただいた時、店内の落ち着いた雰囲気やスタッフの皆さんの明るく礼儀正しい態度や言葉遣いが素晴らしくて、お料理の味がさらにおいしくなったように感じました。そしてできるならば今度は自分もそのチームワークの中に加えていただいて、仕事をさせていただきたいと思うようになりました」といった感じです。

 

ファミレスの面接

ファミレスなど飲食店関係の面接で必ず聞かれることの一つにシフト希望があります。後のトラブルを避けるためにも、勤務出来る時間帯を正確に応えることが大事です。その上で、土日祝日や繁忙期でのシフト対応が可能な場合は、はっきりと伝えておくと採用する側への印象も向上します。

ファミレスの仕事のメリット・デメリットとは?

ファミレスの仕事のメリット・デメリットを考えてみましょう。

ファミレスの仕事のメリット

未経験でスタートしても接客などのスキルを身につけることができること、まかないが出ること、シフトの自由もある程度きくということがメリットとしてあげられます。高い時給を求めて早朝や深夜のシフトも希望することもできます。

ファミレスの仕事のデメリット

長時間立ちっぱなしになることが多いので体力の消耗は否めません。特に、満席で待機行列ができるような時間帯は、肉体的だけでなく精神的にも負担が大きくなると思われます。また、冬場にはキッチンでの洗剤を使った食器洗いは、あかぎれを引き起こしますのでゴム手袋着用など注意が必要です。

ファミレスの仕事を楽しんでやろう!

ファミレスの仕事は、未経験者でもできることが多く、接客やキッチンでの仕事が好きな人は楽しく意欲的に取り組める、やりがいのある仕事です。お客様の混み具合など、状況に応じててきぱきと対応するスキルも要求されますが、経験を積んでそれらを習得していくと、仕事へのやりがいはますます大きくなるものと思われます。ぜひチャレンジしてみてください。

-就活ノウハウ
-,

Copyright© みちしるマガジン , 2021 All Rights Reserved.